一般財団法人 日本青年館 > 三代目日本青年館の建設状況

三代目日本青年館の建設状況

 三代目となる日本青年館は、平成26年6月より株式会社久米設計にて設計業務が進められ、平成27年7月1日より株式会社安藤・間により着工しました。工期は23.5ヶ月、ホテルとしては平成29年8月にグランドオープンを予定しております。
 建物は地下2階、地上16階、建物高さは70mとなり低層階に1250席のホールを備え、上層階にはレストラン・レセプションホール・220室の客室を備えたホテルを建設します。
 また、独立行政法人日本スポーツ振興センター(略称:JSC)との共同発注であり、中層部に日本青年館、日本スポーツ振興センターそれぞれの事務所を構える予定となっております。

 2月3日現在、工事は全行程の約75%を終えました。骨組みの鉄骨はすでに最上階の16階まで完成しております。2月2日には日本青年館の理事や職員が集っての上棟式が行われました。式典では建設の成功と無事を祈って各々が名前を入れた鉄骨が、最上階へと上げられていきました。その中には、完成を心待ちにしておられた故・小里貞利理事長のお名前も共に記されております。

 今後は、内装・外装の工事、設備の工事、外構の工事と整備などが残るのみです。三代目日本青年館の完成は、もうそこまで来ています。

     
   2017-02-02 全景  2017-02-02 三代目日本青年館 上棟式
         
 2017-02-02 棟上げされた鉄骨  2017-02-02 9階にて工事の説明を受ける