【企画・制作・連絡先】 日本青年館 公益事業部 担当:大江・永田
            TEL:03-3475-2571  FAX:03-3475-6605  E-mail: music@nippon-seinenkan.or.jp

「弦の国」チェコのテイストをあなたにお届けします

プラハは中央ヨーロッパにあって、ウィーンと並ぶ音楽の都として古来より有名で、特に「弦の国」チェコの中心地として幾多の名弦楽演奏者を生んでいます。アコースティックな弦楽器5本のみで様々なレパートリーを演奏するプラハ・スピリット・クインテットの、ア・カペラのヴォーカル・コーラスを思わせる完全にひとつにとけ合ったハーモニーの美しさと、独特の歌い回しの味わいは、まさに「弦の国」チェコのプレーヤーたちならでは、といえるでしょう。

チェコの首都、中世からの美しいたたずまいを残すプラハで、プラハ・スピリット・クインテットが結成されたのは1991年のことでした。弦楽四重奏にコントラバス(ダブルベース)を加えた音楽は「心地よく響くリズムと歌」につきます。

サロン・ミュージックの伝統が香る彼らの演奏からは、かつてのヨーロッパの人々の最上質のくつろぎがどのようなものだったのかが伝わってくるようです。

▲このページのトップへ

PSQとは

PSQとはPRAGUE(プラハ)SPIRIT(スピリット)QUINTET(クインテット)の略称で、5人の弦楽奏者から結成されています。

ルボミール・ハヴラーク(ヴァイオリン)・・・ Lubomir HAVLAK

1958年2月27日、プラハ生まれ。プラハ音楽院、およびプラハ音楽アカデミーに学び、チェコ・スロバキア音楽院コンクールで1位を獲得。自らマルティーヌ弦楽四重奏団を創設した他、2008年からはターリヒ室内管弦楽団のリーダーを務めている。ソリストとしても活躍。2009年ツアーよりPSQに参加。
カレル・ヴィディムスキー(ヴァイオリン)・・・ Karel VIDIMSKY

1949年4月15日オロモクツ生まれ。6歳からヴァイオリンを学び、1967年から72年までプラハ芸術アカデミーでA.プロツェクに学んだ。1973年から1年間国軍オーケストラの首席ヴァイオリニストを務め、74年からはプラハ室内管弦楽団で活躍している。
イジー・ライニッシュ(ヴィオラ)・・・ Jiri RAJNIS

1951年3月31日プラハ生まれ。1969年から73年にかけてプラハ音楽院、73年から77年までは同芸術アカデミーで、いずれもコジョウセク教授に学ぶ。その後、スーク室内管弦楽団、ムジカ・ボヘミカ、プラハ交響楽団などで活動。現在プラハ音楽院教授。
マリー・ヒクソーヴァ(チェロ)・・・ Marie HIXOVA

プラハ音楽院で、サシャヴェチュトモフに師事。その他、N.サチュフスカ、L.メッツォ、L.ナヴァラの教えを受ける。1981年〜1982年にかけてメキシコのメキシコシティー音楽学校で教鞭をとり、ソリストとしても活躍する。現在、チェコ弦楽三重奏団のメンバーとしても活躍しており、ヨーロッパ・ツアーにも参加している。
イジー・ローハン(コントラバス)・・・ Jiri ROHAN

1965年1月11日プラハ生まれ。1979年から85年まで、プラハ音楽院で学ぶ。その後、一時期演奏家として活動するが、プラハ芸術アカデミーに再入学。現在は、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、プラハ交響楽団、チェコ放送交響楽団、スーク室内管弦楽団、ムジカボヘミカなどで活躍している
▲このページのトップへ

主な公演曲目

ドヴォルザーク
弦楽四重奏「アメリカ」
スラブ舞曲/ユーモレスク
クライスラー
愛の歓び/愛の悲しみ
R.シュトラウス
バラの騎士
J.シュトラウス
ウィーンの気質
美しき青きドナウ
J.グリーン
ボディ&ソウル
C.ポーター
トゥー・ダーン・ホット
エニシング・ゴーズ
レッツ・ドゥー・イット
バーニー・ピンカード・キャセイ
スウィート・ジョージア・ブラウン
▲このページのトップへ

公演について

2009年公演日程
 11月 7日(土) 神奈川県相模原市/藤野芸術の家 
 (藤野芸術の家 TEL 042-689-3030)
 11月 8日(日) 静岡県/富士市交流プラザ 
 (PSQ in 富士実行委員会事務局 TEL 0545-81-0228)
 11月 9日(月) 静岡県/下田市民文化会館
 11月10日(火) 静岡県/伊東市観光会館
 11月12日(木) 静岡県/三島市民文化会館
 11月13日(金) 静岡県/沼津市民文化センター
 (以上、さんしんハートフルコンサート事務局 TEL 055-971-4452)


 ♪主な演奏曲目
 ヤナーチェク    「牧歌」 第3楽章、第6楽章
 ドヴォルジャーク  交響曲「新世界より」 第2楽章
             弦楽四重奏曲「アメリカ」 第3楽章、第4楽章
 ピアソラ       タンゴ「不安」「恐怖」
             言葉のないミロンガ
 ドビュッシー     ゴリウォーグのケークウォーク
 レイ          ある愛の詩
 バカラック      雨にぬれても  他
 ※公演地により演奏曲目が若干異なります。


企画・制作: (財)日本青年館 公益事業部 [担当:大江・永田]
TEL: 03-3475-2571
FAX: 03-3475-6605 
E-mai: music@nippon-seinenkan.or.jp
▲このページのトップへ